73 イージー★ライダー2019年07月06日

 
マリファナの取引で金を稼いで、ロスアンジェルスから始まるヒッピーの旅ですが、アメリカ大陸は壮大です。 

映画製作的には常識外れの製作過程ですが、鮮烈な印象の作品です。
このバイクスタイルは日本でも影響されました。

ストーリー展開のすべてがこの動画に集約されていますね。
https://www.youtube.com/watch?v=6VNQZcxdVIY

下積み時代の長かったジャック・ニコルソンが、この映画で世に出ました。留置場で会い共に旅をする弁護士役ですが、若い時からアクの強い俳優です。

追記 2019年8月16日 ピーター・ホンダ 肺がんで死去 79歳
.

72 明日に向って撃て!2019年06月23日

 
 多忙ではないですが、仕事が始まり久しぶりの映画 Blogです。

アメリカン・ニューシネマの最高作品で、随所にユーモアーがあって監督ジョージ・ロイ・ヒルの面目躍如です。

ストーリーの根底には、お尋ね者で 2日間逃げ回ったトラウマが主題になっています。
キャサリン・ロス綺麗ですよ。

同じ俳優で軽快なタッチの「スティング」も好きな作品で、DVDもありますから78番目で登場します。
https://www.youtube.com/watch?v=EmDQiL3UNj4
.

71 2001年宇宙の旅2019年05月28日

 
 鬼才スタンリー・キューブリックの作品ですが、難解な映画で解説本や Wikipediaを読んでも???です。

地球の陰から、月と太陽が昇る導入部は新鮮で、BGMはリヒャルト・シュトラウスの「ツァラトウストラはかく語りき」です。
クラシックの名曲です。https://www.youtube.com/watch?v=lXKox3LfO-Q

宇宙空間の画像は秀逸ですが、ストーリー展開の説明が欲しいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=q51zhoQ_RJU
.

70 夜の大捜査線2019年05月25日

 
 シドニー・ポワチエとロッド・スタイガーのサスペンスですが、 レイ・チャールズの主題歌が印象的ですね。
https://twitter.com/hirodorau5y649/status/1005256039292260352

南部の黒人偏見が色濃く現れた作品で、刑事役のポワチエがアカデミー主演男優賞を受賞しています。

65 ドクトル・ジバゴのロッド・スタイガーは憎々しい悪役でしたが、この作品では強面の警察署長で、一本気のどこか憎めない役どころですね。

ポワチエを駅に送り、乗り込む時車からトランクを持ってやっていますが、難事件の解決の感謝の気持ちと、心が通い感動のシーンです。
.

69 卒業2019年05月18日

 
 ダスティン・ホフマン、アン・バンクロフトが適役だったですね。
初めは、ロバート・レッドフォードの売り込みがありましたが、格好良い2枚目過ぎました。また監督のマイク・ニコルズはドリス・デイを希望しましたが、友達の息子を誘惑する不道徳な役に断ったそうです。
数日前に、ドリス・デイの訃報記事がありました。

更なる不道徳は、結婚式場から花嫁を奪い、十字架を振り回して暴れるシーンですね。
https://www.youtube.com/watch?v=nc_pswv6aDM

優秀な成績で卒業した青年の、時代の不安・閉塞感を、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」「スカボロ・フェアー」「ミセス・ロビンソン」に乗せて描いた印象的な映画です。
https://www.youtube.com/watch?v=S_JP7uKujOc
https://www.youtube.com/watch?v=7ZLxeNZmHb0

キャサリン・ロスは「72 明日に向かって撃て」でも登場しますが、綺麗ですね。
DVDに同封の、マイク・ニコルズの訃報記事から 2014年11月にも観ていました。
.

68 俺たちに明日はない2019年04月27日

 
 アメリカン・ニューシネマの登場ですが、ウイキペディアをコピーするとこのようになります。
アメリカン・ニューシネマは、1960年代後半から1970年代半ばにかけてアメリカで製作された、反体制的な人間(主に若者)の心情を綴った映画作品群を指す呼称。

背景は、1929年に始まる大恐慌が映し出され、職のない若者の荒んでいく心の反映ですね。

車を次々盗んで銀行強盗を繰り返すので、1930年代の車が登場するのが見ものです。プロダクションノートによれば、20台のクラシックカーが整備・用意されて、撮影後に競売されたそうです。

主役の二人はまだまだ元気で、話題になっていますね。
https://www.vogue.co.jp/celebrity/news/2018-03/03/faye-dunaway

.

67 夕陽のガンマン2019年04月22日

 
 マカロニウエスタンは、イタリアで作られた映画だとばかり思ってましたが、イタリア資本で、スペインロケの作品ですね。
http://y-yasuda.net/gata1-2006.htm

65ドクトル・ジバゴもロシアでは撮影の許可が下りないので、スペインロケでした。

リーバン・クリーフの演ずる賞金稼ぎ「モーティマー大佐」と殺人犯「インディオ」が、オルゴール付きの懐中時計で繋がっているようですが、描ききれていないですね・・・理解力が落ちたのかな・・・この手の映画は、0.0何秒の拳銃さばきを楽しめばいいのですよね。

クリント・イーストウッドの映画DVDは持っていないので、貴重です。
.

66 A Hard Day's Night2019年04月07日

 
 この顔写真からメンバーの名前がわかりますか?
左上から時計回りで、ポール・マッカートニー、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターだと思います。

ビートルズのアメリカ公演の前の作品です。
公演の詳細は http://tsugu.cside.com/b-ken/history2/1964a.html

ビートルズが世に出れたのは、ブライアン・エプスタインとジョージ・マーチンの存在が大きいですね。http://www.tapthepop.net/day/9585

劇中使用曲が11曲ライブで聴けるのが魅力です。
.

65 ドクトル・ジバゴ2019年03月30日

 
 1958年のノーベル文学賞に選ばれながら、ソ連共産党の圧力で辞退した「ボリス・パステルナーク」の作品の映画化です。
https://blog.goo.ne.jp/tom7313nanamad/e/989a1dd125034bad68b208637aba4621

監督:デビッド・リーンは「戦場にかける橋」「アラビアのロレンス」と感動の大作ぞろいで、好きな監督の一人です。

オープニングから、また要所要所で流れるバラライカの「ラーラのテーマ」はこの映画を引き立たせています。
https://www.youtube.com/watch?v=WPgezz1Uf2A

別荘の舞台となるのは、この町らしいですね。
https://note.mu/yukionoguchi/n/n27e16aca8c90

アカデミー賞5部門で受賞ですが、メインの作品賞、監督賞はサウンドオブミュージックだったんですね。
.

64 サウンドオブミュージック2019年03月26日

 
 映画の舞台となったザルツブルクは、モーツアルトの生まれ故郷で、ザルツは塩のドイツ語 Saltで岩塩の産地だったのですね。

製作45周年記念HDニューマスター版とあり、画像は綺麗で、吹き替えも各種選択できて、廉価だった覚えです。

孫たちが来た時に見せてやっても、持参のゲーム機の方が楽しく、途中で終わってしまうのは、多様な選択肢の時代でしょうか・・・・
爺ちゃんだけが、一人寂しく、感動して涙目でパソコンの画面を観ています。

ウイーン楽友協会(黄金のホール)でのニューイヤーコンサートのボックス席で、元気な姿を見ていましたが、苦しい時代があったようですね。
https://www.travel.co.jp/guide/article/30395/
https://anincline.com/dame-julie-andrews/
.