83 ロッキー2020年01月12日

 
 売れない俳優「シルベスター・スタローン」が、テレビでカシアス・クレイがダウンするシーンを見て、自ら脚本を書き映画化したものです。
 
脚本を映画会社に持ち込むと、買取が36万ドルまでになりましたが、苦労して自演で製作しました・・・エピソードをメイキングで語っています。

監督のアビルドセンは B級映画の監督ですし、タリア・シャイア、バート・ヤング、バージェス・メレディスも売り出し前ですね。

ビル・コンティのテーマ曲も素晴らしいです。話題の感動のシーンです。
https://www.youtube.com/watch?v=hwy5zX8XGTk
.

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック