69 卒業2019年05月18日

 
 ダスティン・ホフマン、アン・バンクロフトが適役だったですね。
初めは、ロバート・レッドフォードの売り込みがありましたが、格好良い2枚目過ぎました。また監督のマイク・ニコルズはドリス・デイを希望しましたが、友達の息子を誘惑する不道徳な役に断ったそうです。
数日前に、ドリス・デイの訃報記事がありました。

更なる不道徳は、結婚式場から花嫁を奪い、十字架を振り回して暴れるシーンですね。
https://www.youtube.com/watch?v=nc_pswv6aDM

優秀な成績で卒業した青年の、時代の不安・閉塞感を、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」「スカボロ・フェアー」「ミセス・ロビンソン」に乗せて描いた印象的な映画です。
https://www.youtube.com/watch?v=S_JP7uKujOc
https://www.youtube.com/watch?v=7ZLxeNZmHb0

キャサリン・ロスは「72 明日に向かって撃て」でも登場しますが、綺麗ですね。
DVDに同封の、マイク・ニコルズの訃報記事から 2014年11月にも観ていました。
.