65 ドクトル・ジバゴ2019年03月30日

 
 1958年のノーベル文学賞に選ばれながら、ソ連共産党の圧力で辞退した「ボリス・パステルナーク」の作品の映画化です。
https://blog.goo.ne.jp/tom7313nanamad/e/989a1dd125034bad68b208637aba4621

監督:デビッド・リーンは「戦場にかける橋」「アラビアのロレンス」と感動の大作ぞろいで、好きな監督の一人です。

オープニングから、また要所要所で流れるバラライカの「ラーラのテーマ」はこの映画を引き立たせています。
https://www.youtube.com/watch?v=WPgezz1Uf2A

別荘の舞台となるのは、この町らしいですね。
https://note.mu/yukionoguchi/n/n27e16aca8c90

アカデミー賞5部門で受賞ですが、メインの作品賞、監督賞はサウンドオブミュージックだったんですね。
.