53 白鯨2019年01月05日

 
 グレゴリー・ペッグは、前作で観た「ローマの休日」と違い、鬼気迫る熱演です。

原作:ハーマン・メルヴィル、監督:ジョン・ヒューストンはクレジットしておきたいですね。白鯨との死闘シーンは CGのない時代迫力あります。

画面にも少し出てきますが、当時の捕鯨は油をとるためで、骨まで利用する今と違いますね。
幕末の開国圧力は、太平洋で展開する捕鯨船の食料確保です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411951459

一人生き残るストーリーテラーの主役:リチャード・ベイスハートは、どこかで見たと思ったら、「道」の軽業師ですね・・・アンソニー・クインに殺される・・・
https://www.youtube.com/watch?v=dLfmnevBu5A
.

54 戦場にかける橋2019年01月13日

 
 監督「デビット・リーン」の作品は好きで、3部作を何度も観ています。3部作とは私が言っているだけですが 「戦場にかける橋1957」「 アラビアのロレンス1962」「 ドクトル・ジバゴ1965」です。

橋を架けたクワイ河の場所は、映画ではジャングルの中ですが、実際は開けた所の大河で、映画を見て出かけると違和感があるようです。
http://www.thai-square.com/special/vol40/sp40.htm

アレック・ギネス、ジャック・ホーキンス、ウィリアム・ホールデン、早川雪洲と時代の名優ぞろいの映画で、音楽も良いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=bTf01Zg2LMI

早川雪洲以外の日本人は、日本の俳優ではないと聞いたことがあります。そのためか描き方が稚拙です。
.

55 眼下の敵2019年01月20日

 
 米駆逐艦と独Uボートの死闘ですが、息をつかせぬ駆け引きの戦争アクションです。

俳優はロバート・ミッチャムとクルト・ユルゲンスで、お互いの頭脳作戦、心理描写が見事です。

ロバート・ミッチャムもクルト・ユルゲンスも DVDで初めての俳優ですので、プロフィールのリンクです。
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=39111
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=39516

的確な解説のホームページを見つけました。
https://www.allnightpress.com/main/movie/145.htm
.