道具と日本人2016年04月06日

 
 図書館で借りて読み、蔵書にと探したが買えなかった本です。Amazonの著者名でヒットしました\(^_^)/ 

昭和58年出版の本ですが、在庫本か真新で、表紙と裏表紙に初めて折りを入れました。

パソコン関連の本は、すぐ使えなくなりますが、この内容のものは不変ですね。
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4569210554/ref=tmm_pap_used_olp_sr?ie=UTF8&condition=used&qid=&sr=
.

木工の用具と使い方2016年04月13日

 
 木工の用具?の書名にひかれて買ってみましたが、美術科向きの本でした。
美術の木工も、仕事上の視野にありますので読んでみましたが、基礎を重視した内容です。

22ページある木材の知識は、板材がカラー印刷で特徴をとらえており、さすが美術出版社の本です。

高山の工芸学園では、美術科の先生が多く受講されましたが、この本は指導上参考になりました。
.

家庭大工入門2016年04月20日

 
 DIY協会の設立が 昭和55年(1980)ですが、この本は53年度版です。

DIYホームセンターのはしりは、1972年のドイト与野店が定説ですが、その後の動きは速いですね。

山崎唯 久里千春の番組は評判になりましたね・・久里千春は元気ですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=xiZIXqy70bw

私が教材の販売から、教育に方向変換を始めた頃です、まだ道半ばですが・・・
.

樹の事典2016年04月27日

 
 朝日新聞社編の、シリーズ [木の文化] の第1巻で、昭和63年購入です。

前半の 日本の森林は北海道から九州まで13カ所を、写真とエッセイで綴った格調高い内容で、見ているだけで日本の自然が堪能できます!(^o^)

中間部は、樹木の解説写真集で、赤鉛筆の箇所が目立ちます。

後ろの部分は素材としての木材論で、仕事の基礎部分です。

発刊当時、1,957円もした5冊刊行のシリーズが、ワンコイン以下で入手出来るので、早速1冊手配しました・・棚の蔵書本が増える!〜(^^;
.