鉄の文明2015年06月10日

 
 岩波グラフィックスに「鉄の文明」という本があります。

グラフィックスとあるように、カラー写真の冊子で、古代ヨーロッパの製鉄遺跡から・・日本の現代の製鉄まで丁寧に解説してあります。表紙の写真はエッフェル塔です。

写真に解説をつける形で、中高生にも理解し易いですね・・書籍のねらいはそこでしょうか。http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/00/5/0084130.html

著者の 大橋周治氏は、日本製鉄から大学教授になられ、地元名城大学でも教えてみえたようですね。
*岩波のこのシリーズが、全巻品切中(絶版)は残念ですね。
.

図でわかる 木工の手工具2015年06月17日

 
 この本は 成田壽一郎先生が、恩師の原著を復刻したものです。

最初に買ったこの本の「著者略歴」から、名古屋の大同工業大学に単身赴任の成田先生との親交が始まりました!(^o^)/ 

図でわかるシリーズは、「木工基本工作」と「木工の接合工作」の3部作で、一冊は「平成2年11月拝受」とあります。

書籍の印税は、橋本喜代太先生の遺族に入るよう手続きをされたそうで、先生の一面を感じました。
.

金属材料概論2015年06月24日

 
 3月4日記載の「鉄の文化史」の中で、三島良績氏の「人と鉄との五千年」は説得力のある内容でした。
http://ksuga4.asablo.jp/blog/2015/03/

執筆者紹介から「金属材料概論」を買ってみましたが、硬い書名と違い平易な文章で理解が進みました。

インターネットの時代です、昭和33年発行の本が、居ながらにして入手できます・・有り難いですね!(^o^)/ 

学生時代に、こんな内容の講義を受けたかったと想いながら、読破しました。
.