大工道具の歴史2015年02月04日

 
 文庫本の棚に収蔵してあり記載が遅れましたが、昭和48年ごろ「木工道具」に関心が向いた書籍です。

東京大学の 村松貞次郎先生の著書です。
すでにこの頃大工道具が衰退期に入り、機械装置による工場での大量生産を危惧された先生の「道具を手にしてもの作り」を喚起した本です。

「ナイフをとり上げられた子供たち」「鉛筆を削ることが重要な自己学習であった」・・とマーカーでいっぱいになった内容です。

参考書として持ち歩き紹介し、またくり返しの読み直しで、赤鉛筆→赤マーカー→緑マーカーと書き込んで、申し訳ないですがボロボロです・・・

村松先生は、恩師成田先生が 63歳の時に、東大で博士号を授与された時の審査委員長さんです。また「博物館明治村 3代目館長」さんでした。
http://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/10698.html

*事務文具の注文で、名古屋栄の東急ハンズによく出掛けますが、9階の道具売り場は・・見る影もないです・・都心では、もの作りの道工具は売れないですね〜(^^;